心鈴泉-心理学とカウンセリング

人間関係、恋愛、仕事の各シーンで使える心理学についての記事を記載しています。

自分が主人公の失恋物語を手放す

f:id:shinrinsen:20190430051922j:plain

失恋したとき、自分から別れを告げる場合や、向こうから切り出される場合、自然消滅のような場合、色んな状況があると思いますが、相手のことが大切であった度合いだけ、失恋は、辛い体験、になってきます。

なんで上手くいかなかったんだろう・・・・?

そんな風に落ち込むこともあると思います。ただ、ここで少し観点を変えて、自分の心の中で、無意識に描いてしまっていた、自分が主人公の失恋物語、が、もしあったとしたら、それは、どんなものだったんだろう?、って想像してみてください。

今まで体験してきた失恋の中に、似たようなパターンがもしあったとしたら、それも、その物語に入れて考えてみてください。

本当に自分の中で、その物語が根付いていて、その物語通りになるように、運命が動いた結果、失恋することになった、かどうかは一旦置いといて、まずは、自分の中に根付いていそうなストーリー、を想像してみてください。

いつも、こうなる。いつも、こういう扱いをされる。そんな感じの、今まで体験してきたことが一杯詰まったストーリーです。

人の心の中には、長い間の経験を通して、つちかわれてきたパターンのようなものがあります。そして、そのパターンが、その人にいろんな出来事や、人との出会いなどを引き寄せていきます。

だから、自分が体験することには、いつもの展開、よく起こるストーリー、というのが、自然にできていきます。

自分自身がそのストーリー通りになるように、様々な出来事を招き入れている、かのように物事が流れていきます。

ただ、絶対ではなく、そこにいつもと違う出来事が招かれることがあるから、人生は面白いのですが、ここで大切なことは、そのストーリーを手放すことが出来れば、自分自身が体験することも変わる、ということです。

もし、とても辛い失恋をしたとしたら、別の見方をすれば、それは、その自分の中にあるストーリーを手放すためのチャンスです。もし、ここに本気で取り組んでいきたい、と思えるとしたら、自分自身にとって、今よりも新しい部分を受け取るための準備ができていることになります。

自分が主人公の失恋のストーリーを手放すための心のエクササイズを用意しましたので、もしよければ、試してみてください。

失恋のストーリーを手放すエクササイズ

1.準備

まず、自分が想像した、その自分が主人公の失恋物語を何かにメモってください。携帯でも、スマホでも、紙でも、パソコンでも、自分が読み返せる状態なら、なんでもOKです。

次に、恋愛の中で自分がよくやってしまっている、いつものパターンをあげてみてください。その物語を作るパーツになっている部分です。いつも、これやっちゃってるなあ、って、自分でも良くないと思っているようなものです。

人から言われたものでもいいのですが、ちょっと頑張って見つけてみてください。

(※カウンセリングなら私がフォローできるのですが、一人だと難しいこともあるので、全然出てこなかったら、ここは飛ばしてください。)

最後に、自分の成長につながるようなことで、次の恋愛では、こんな風になりたい、って思うことを、何かあげてみてください。相手に求めること、というより、自分が変わる部分を上げてください。

恋物語を書き換えるためには、必ず必要になってくる部分です。失恋物語、心の中にある良くないパターン、新しい自分、3つの材料が準備できたら、ストーリーを手放すエクササイズをしていきます。

ただ、エクササイズの前に、軽くリラックスする時間を取ってみてください。お風呂に入る、でもいいですし、トイレに行く、でも、何でもいいです。

3つの材料をそろえるのに、あれこれ考えたり、ちょっと脇にそれて落ち込んだり、昔のことを思い出してブルーな気分になったり、というのは、あったりしますので、ちょっと、一旦、仕切り直して、気持ちをリセットしてみてください。

 

2.パターンを手放す

準備が出来たら、エクササイズを始めていくことになります。

まず、心の中で、その失恋した時の相手の姿をイメージしてみてください。そして、自分がメモした、心の中にある良くないパターン、を軽く読んでみてください。そのうえで、心の中で宣言してください。

「私はこのパターンを手放します。そして、今、心に残っているあなたへの執着も一緒に手放します。」

宣言したら、その相手のイメージから、一歩離れてください。離れたときに、自分の中にいろんな感情があがってくることがあります。ただ、その感情のままに、感じてみてください。

 

3.新しいものを受け取る

次に、自分がメモした、新しい自分、を軽く読んでみてください。そして、こう宣言してください。

「私は、新しい自分を受け取る準備があります。○○○(新しい自分になる、という内容の言葉)。」

宣言したら、その相手のイメージから、一歩離れてください。

 

4.感謝

次に、イメージしている相手の目を見て、何か感謝できることを口にしてみてください。今まで付き合ってくれて、ありがとう、でも、何でもいいです。

文句だったり、あれこれ言いたいことも出てくるかもしれませんが、ここで大切なことは、感謝の気持ちを、自分が感じる、ということです。

感謝の言葉を伝えたら、その相手のイメージから、一歩離れてください。

 

5.宣言

次に、自分がメモした失恋物語、をもう一度読んでみてください。その上で、こう宣言して下さい。

「今までこの物語を体験することで、今まで成長できました。でも、もうこの物語は私には必要ありません。この物語を、今日、過去のすべての失恋と一緒に、手放します。」

宣言したら、その相手のイメージから、ぐ〜んと離れれて距離をとってください。どんどん離れて、もう相手のイメージが見えなくなるまで離れてください。

最後に、もう一度、新しい自分、のメモを見てください。古いストーリーを手放して、新しい自分を受け取っていく、

という宣言をもう一度、自分の心の中でしてください。これでエクササイズは終わりです。

エクササイズをやってみて、どんな感じがしたでしょうか?

恋物語と一緒に、過去の恋愛の執着も手放して、新しい自分になる、ということ。それは、新しい恋愛を体験するための、呼び水になっていきます。