心鈴泉-心理学とカウンセリング

人間関係、恋愛、仕事の各シーンで使える心理学についての記事を記載しています。

信じていた人に裏切られたとき

f:id:shinrinsen:20170718064755j:plain

人との信頼関係というのはとても大切なものですが、これが壊されたり、相手に裏切られたと感じるような出来事があった場合、もう一度人を信じるということが怖くなってしまうものかもしれません。そのダメージが深い場合には、相手に対して怒りや恨みを強く抱いたり、周囲の人たちに対して心を固く閉ざしたくなる、といったこともあるかもしれません。

一口に裏切りといっても、いろんな状況があると思います。何かお金に関することで、相手に利用されたとしか思えないような体験をした人もいるかもしれません。浮気をされて、異性を信じられなくなった、という人もいるかもしれません。何か約束事を踏みにじられるようなことをされて、窮地に立たされた、という人もいるかもしれません。ここでは相手のことを当てにしていた部分が大きいほどに、裏切られたときのダメージは大きくなりやすいと思います。

正直なところ、裏切った相手の不幸を望む気持ちがでてきたとしても、不思議ではないです。自分がどん底の気分を味わったならば、相手には少なくともそれ以上か、もしくは倍以上にひどい目にあってもらわないと気が済まない、という方もおられるかもしれませんね。人を責める気持ちが出てきているときは、その気持ちを手放した方が自分自身も楽になれる、という法則のようなものはあるのですが、信じていた人から裏切られる、という体験された場合、そのダメージが大きいほどに、手放すという行為がとても難しくなるものだと思います。

裏切りを体験したことで、多くのものを失ってしまったように感じられる場合には、途方に暮れて先のことが考えられなくなって、後悔ばかりしてしまうようなこともあると思います。例えば、結婚を考えていた彼から浮気をされて、最終的に別れを選んだ場合、今まで彼に使った時間を返してほしいと思うこともあるかもしれません。一緒にビジネスをしてきた相手に裏切られて、仕事をまわしていけないような状況に追い込まれた場合には、相手を信じた自分がバカだったと思えるようなこともあるかもしれません。


裏切られたという体験から、怖れや恨みや後悔といった感情への執着が生まれると、心の中がその裏切りの出来事に支配されていきます。この場合、人の中にある愛や価値といったものがとても感じにくくなり、その代わりに、何か虚しさのようなものを感じやすくなります。

その世界観の中で描かれる心象風景は、人の心は冷え切っていて、包み込むような温かみもなく、代わりに、怒りや恨みだけが強烈な熱を発生しているような感じになります。そこにしばらくとどまる続けることも可能なのですが、もし、心の中に形成されたその世界の構造を変えることができるとしたら、変えたいと思えますでしょうか?

裏切りの体験はその世界観を作ったのかもしれません。ただ、実は裏切りが発生する前から、その世界観は自分の心の中で芽を出していた、といったら信じてもらえますでしょうか?その芽が出る前に、あなたの心の大地に、誰かが種を埋めて、そこに様々な出来事が雨のように降り注いで、裏切りの世界がそこに芽吹いた、なんていう言葉は嘘のように思えるでしょうか?

ここで言う種というのは、あなたの奥深くにある思考のことで、その種を大地に埋めたのは、あなた自身、なのだとしたら、裏切りのある世界の構造を変えるために、あなたの心の大地に根を張り巡らせたその雑草を根っこから引き抜くことが求められてきます。あなたは自分の心の大地に、どんな思考の種を埋めたのか?そこには、裏切られる世界の構造を変革させるための、重要なヒントがあります。


といっても、あなたが何か悪いことを考えている、という意味ではないです。自分自身が思考していることは、人生においてどんな体験を自分に引き寄せるか、ということと密接に関わっており、信じていた人から裏切られる、という手痛い体験をしたのならば、今がその思考の棚卸しをするための機会と言えるかもしれない、といった意味です。

思考の中には、意識して思考しているものと、半分無意識のうちに思考しているものがあります。このうち、半分無意識のうちにしているもの、というのは、自分の中では当たり前になっていて、普段思考しているというつもりもないようなものなのですが、この当たり前になっている部分は、自分自身の普段の立ち居振る舞いや、周囲の人に自分が発している雰囲気にといったものに大きな影響を与えています。主に棚卸しが求められてくるのは、こういう半分無意識のうちに考えている、自分の中で当たり前になっているような部分です。

棚卸しをするときにヒントとなるような、自らの問いかけとしては、例えば、以下のようなものがあります。

・自分の中のどんな部分が、自分を裏切るような人を引き寄せたのだと思えるでしょうか? 例えば、今回自分を裏切った人との縁は、どのように自分に訪れたでしょうか?
・相手に対して、やってくれて当たり前だと思っているものがあったとしたら、何でしょうか? (期待は裏切りを呼び込みます)
・本当はやりたくないのに、相手に合わせて犠牲的にふるまっていた部分はなかったでしょうか? もしそうだとしたら、そうしていたのはなぜでしょうか? (犠牲は裏切りを呼び込みます)
・自分が裏切られるよりも前に、相手側が先に、自分に期待を裏切られたと感じていた、という可能性はないでしょうか? もしそうだとしたら、なぜそんな期待を相手はしたのでしょうか? (裏切りは裏切りを呼び込みます)

思考は自分が感じている感情と密接につながっています。自分が相手に対して感じている感情は、今回初めて感じるような感情でしょうか?それとも、昔似たような感情を感じたことで、何か思い起こされるようなことはないでしょうか?自分の心の内側で、未解決になっている部分は、そこをクリアにするために、あえて再体験されるかのような出来事が引き寄せられる、ということがあります。今回の裏切りの体験は、その自分の中で未解決な部分と向き合うために、試練のように出てきた出来事、ということも往々にしてあります。自分の感じている感情とじっくり向き合ってみる、というのも、裏切りを引き寄せた部分が自分の内側にあるとしたら、それは何か、ということに気付くためのきっかけになることがあります。


信じていた人からの裏切りというのは、非常に辛い体験ですし、現実に大きなダメージを受けるものです。乗り越えるのも大変と思えるものですが、ただ、試練とも呼べるような辛い体験の中には、自分自身の器をぐっと大きくするヒントが眠っています。その辛い時期をただやり過ごすのではなく、そこから何かしら得たいというときに、ここに書いたことを少しでも役立てていただけるなら、幸いです。